芸術都市  パリの100年展

さて。

私は元気に暮らしています。先程、やっとひとつ仕事を終えました。次の仕事の本番は来週なので、まだまだ、まだまだこの毎日は続きますが・・・。今はエッセイを書いています。とても難しいけど、楽しい作業です。

昨日は、土日を避けて上野へ行ってきました。ずっと気になっていた「パリの100年展」を観るために。歴史は苦手だけど、この時代は人が変わったように詳しいです(笑)。年配の、見るからにパリ好きな女性が多く、エスカルゴ型のパリの模型をじっと眺めているのも印象的でした。想い出に耽っているのかも知れません。恋人から届いた古い手紙をじっと見つめるように。

1830年~1930年までのParisは名実ともに花の都。ベルエポック(古き良き時代)でした。ロマン派登場からパリ万博が開催され、今やパリのシンボルと言える”エッフェル塔”が誕生しました。工業製品としての”鉄”が広まり、アールヌーボー・アールデコが生まれた記念すべき時代。そして、印象派を掲げる若いアーティストたちの活躍へと繋がっていきます。メトロが開通し、急激に近代化されるのもこの頃。まさに、この100年が今のパリを創ったとも言えます。

眼が離せなかったのはユトリロの「コタン小路」でした。若さと、瑞々しさ溢れる他の芸術家の作品とは違い過ぎて、気になったのかも知れません。ユトリロの絵はいつも冬の表情で、乾いた透明感がある。でも・・・嫌いじゃないです。ふらっと迷い込んだパリの小路は、本当にそんな表情をしているから。今回、母であるシュザンヌ・ヴァラドンの作品も多く、その作風は対極にあって興味深かった。恋多き女シュザンヌは、ドガやルノアールという大御所のモデルも勤め、ロートレックやエリック・サティの恋人でもありました。その美貌とはうらはらに、彼女の自画像は荒削りで何にも媚びていない。力強い絵筆のタッチは、浮世絵に触発されたゴーギャンのようでした。隣に展示された息子ユトリロとの対比・・・なんだかせつなかったな。

48169b8f461ff1_2 絵は、バラドン「ユッテルの家族」。ユッテルはもともとユトリロの友人で、後に彼女の恋人となりました。

| | コメント (4)

澁澤龍彦回顧展

Shibusawamainimage1_2 元町に用があり出向くと、地下鉄のポスターで開催を知りました。澁澤氏、生誕80年記念の回顧展です。場所は「神奈川近代文学館」港の見える丘公園内にあります。

ふらんす山に登ったのはいつ以来だろう?むせかえるような緑の匂い。暑くも、寒くも、風もなく、とっても爽やかです。

旧友である詩人の高橋睦郎氏のビデオから、回顧展は始まりました。タイトルは”澁澤龍彦というサロン” フランスのブルジョワがアーティストを自宅に招き、芸術や文学を語り明かしたことから始まるサロン文化・・・澁澤のもとにも、多彩な顔ぶれが集まって楽しい時間を過ごしたそうです。明朗な性格、好奇心とサービス精神たっぷりのさりげないもてなし。彼自身、彼の生き方そのものがサロンであったわけです。

私自身も、思春期のころから漠然とサロンに憧れ、それもあって、その後「料理教室」を開きました。それが料理でなくとも、人と人を繋ぐ「場所」をつくる人になりたい・・と、ずっと願っていたのを思い出し、しばし感動・・・。存在がサロンなんて、とっても良いね!

フランス文学に精通した澁澤作品。おびただしい著作・翻訳がありますが、中でもマルキ・ド・サドの「悪徳の栄え」は、色々と話題になったせいか有名ですね。また、作者不明とされる「O嬢の物語」も彼の翻訳。作品と言い、細面にサングラスのいでたちと言い、私の中ではダークなイメージがあった澁澤氏でした。が、しかし・・「悪徳・・・」は、映画で観たけれど、イタズラに破廉恥な内容ではありませんし、そして「O嬢・・・」は、誤解を恐れずに言うと純文学。哀しみを湛えた純愛小説と感じたのでした。人に対して”差別”が無かった彼は、善に対しても悪に対しても偏見が無く、自由であることを大切にした人だったようです。

金子国義氏に、O嬢の物語の挿絵を勧めて画家にしたのは彼でした。四谷シモン、池田満寿夫などそうそうたる親交が物語るように、彼はいつも友人達を愛し、無垢に、幸せに生きてきたのでしょう。

回顧展の最後は、高橋氏によってこう纏められています・・・「善も悪も、神も魔も、出会う全てを屈託なく、率直に明るく受け入れる。敢えていえば、運命愛なのだろう」 人生最期の日が来ても、こうでありたい。と・・・再確認した1日でした。

長くなりました(笑)。退屈だった方の為に・・・

この時期の、港の見える丘公園は良いですよ。薔薇が素晴らしい!良く手入れされた庭園は外国のよう。昔から慣れ親しんだ横浜・・あまりにも身近過ぎて、見過ごしていたようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

六本木ムーラン・ルージュ

20082280014 長野在住ひぬさんが都内でお仕事だったので、ランチと美術鑑賞デート。

彼女とは、2年前パリに旅行しました。随分年下の友人ですが、私よりはずっとしっかりしてます(笑)ふわっと繊細な容姿に相反して、腹のすわった美人です(笑)。彼女と一緒の時間は、いつもより笑顔が増える気がする。きっと、彼女が良く笑うひとだからでしょう。フラ語も上手です♪

まずは腹ごしらえ。恵比寿の「リストランテ MASSA」さんへ。

20082280001  温かいひとくちスープ。海老のお出汁が効いている。中に浮かぶのは蕪ですって。

20082280004 前菜は帆立としいたけをチョイス。かなり薄味で、’素材本来の味を追求’なのでしょうか?

20082280006 墨烏賊と九条ねぎのアーリオオーリオ。手打ちパスタに変えていただきました。

東南アジアで出てくる塩焼きそばみたいなルックスですね(笑)これもギリギリの塩加減。あとひと降り欲しいところですが、最後まで食べると慣れてしまった。舌が敏感になるのでしょうか?暗いところに入って段々眼が慣れていくように。そして、気付くと視力が上がるように・・・。(変な例えですね)

そういえば、パスタウイーク真っ只中でした。今日も食べてしまったパスタ・・・。イタリア人になりそうです。20082280009

デセールはこんな感じ。もちろん、2人前ひぬさんの小さな胃袋の中に。

さて、六本木「サントリー美術館」へ。ロートレックは南仏の貴族の出身で、「プティビジュー(小さな宝石)」と呼ばれて育った話は有名です。不幸にも身体に障害があり、最期は酒と病気で若くして亡くなります。華やかなリトグラフが有名ですが、その多くは踊り子や娼婦を描いたもの。何となく影の部分が多いエピソードです・・・が、違ったのです。私のイメージを覆す作品の数々。250点もの展示のほとんどが大らか。21世紀を生きる私たちには解らない、貧しくとも”古き良き時代”・・だったのかも知れません。ひとつひとつがさりげなく、可笑しな親近感があり、友人のようにも思えたりと。浮世絵に代表されるジャポニズムの影響もあるのかも知れません。

油彩はやはりドガを彷彿するものがありました。特に踊り子の体のラインなど・・。ちょっぴりセンチメンタルな青の色遣い、綺麗でした。

ロートレックでお腹一杯になった私たちです。「疲れましたぁ・・」と、げっそりしてる彼女を見て、一緒に行ったオルセーの帰り路を思い出し(デジャヴーのようで・笑)、なんだか懐かしい気持ちになるのでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ルノワール+ルノワール

2008210026 父ピエール=オーギュスト・ルノワールと、息子であり映画監督のジャン・ルノワールのコラボレーション。

スクリーンを通して語られる父へのオマージュ。巨匠ルノワールの息子として生を受けたジャンは、自ら”ルノワールの息子”として生きてきたようです。

そこには背負ったものの大きさ、辛さは感じられず、おおらかな笑顔のポートレートがあり、流れる映画もまた瑞々しい。まさに、印象派の光のように。

肖像画家と名乗ったルノワールは、たくさんの家族の肖像を描きました。カンバスに描かれた少年ジャンの表情は晴れやか、屈託ない子供の表情。「父はよく自分たち家族を描き、私はその時間が楽しかった」・・・と、後に監督は語っています。ナルホド。

ルノワールの描くモデルたちは、皆穏やかな眼差し。どんなに動いても、お喋りしても、決して怒らなかったというルノワール。あたたかな優しい時間を共有していたのか、それともモデルの眼は彼自身だったのか・・・そんな事を考えながら、ギャラリーをあとにしました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

スタイル

20081260015_2  アーテイスト金子国義氏の部屋が、以前NHKでちらっと公開されていました。

彼の部屋はあまりに彼らしく・・・作品のイメージ、匂いが彷彿されるもの。金子ワールドが濃厚に凝縮され、憧れても決して真似出来ない、確固としたスタイルを放っていました。

北欧、ミッドセンチュリー、アーバン、クールと・・流行のスタイルは数あれど、アーティストの家、アトリエは何処にも属さない。

雑然としていながら、キュート。色と物、成熟と少女趣味の絶妙なバランス感覚。趣味の良いエロティシズムがありました。どんなに憧れても無理なのですが、もし「お手本にしたいインテリアは?」と聞かれたら、あの部屋かな?

彼の作品もまた、相反するものが主張しあいます。猥雑と愛。アヴァンギャルドと古典。ギリギリのバランスを楽しんでいるかのようにも感じられます。

ちなみに2月2日より、Bunkamuraギャラリーにて「金子国義展~魅惑の起源~」が始まります。行かなくっちゃ!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

Le Petit Prince

大切なものは目に見えない・・・星の王子さまが、「キツネ」から教えてもらう”秘密”です。永遠にマイフェイヴァリットな本。そして著者「サン=テグジュペリ」もまた、永遠にこどもの心を持った人でした。作家とパイロットのふたつの顔を持つ少年。

20071210031 20071210025

箱根、仙石原にある「星の王子さま美術館」 とても小さなテーマパークですが、何度訪れても幸せな気分にしてくれる場所。サン=テグジュペリが幼少時代を過ごしたリヨンの街並み。サン=モーリス・ド・レマンス城。そして、今もそこに残るチャペルが再現されています。教会前のオブジェに注目あれ。解りにくいですが、本の最初に描かれている”象を飲み込んだウワバミ”なのです!

初めて読んだこども時代は、全く理解出来なかった本。可愛らしい著者自身の挿絵とはうらはらに、難しすぎる内容でした。10代の頃、古本屋で偶然手にしたのが2回目。その本には、以前の持ち主がエンピツで線を引っ張った箇所がありました。

おとなは、だれでも、はじめは子どもだった。しかし、そのことを忘れずにいるおとなは、いくらもいない。

あれから何度読み返したことでしょう?その度に新しい気付きがあります。王子さまの愛したバラは、実は華やかで情熱的だった妻「コンスエロ」がモデルだったこと。その愛が陰りを見せはじめ、また空へ旅立った彼。砂漠での不時着、生還の末再び妻の元へ帰っていきます。バラを捨て地球へ旅立った王子さまが、また自分の星へと帰ると決心するように・・・。また、王子さまの最初の友達「キツネ」ですが、作家は実際キツネを飼っていたのです(笑) 本の中では、”知恵の象徴”としても描かれているようで。

第2次世界大戦当時、ニューヨーク亡命中に「星の王子さま」は執筆されました。書き上げた後、彼は再び空へ。そして、戻ってくることはありませんでした。発表された自分の本が、世界各国で愛されているのも知らずに。

20071210014詩情溢れる大人の童話でありながら、登場するたくさんのキャラクターには生きるヒントが。冒険と愛のストーリーは、私の宝物です。砂漠に隠された輝く井戸のように、大切なものは目にみえない。サン=テグジュペリは美しい小さな星になって、今もなお大空を旅しているのかも知れません。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

庭園美術館

200711230017 あまりのお天気の良さに、ふらっと「ティファニー展」を見てきました。今回の目玉「バード・オン・ア・ロック」は圧巻でしたが、やはり連休初日ということで大混雑。さながらラッシュアワーの車内のようです!瀟洒な洋館である館内。小さな部屋に人が溢れていて、ほとんどの作品を近くで見るのは難しい・・・。 なので、途中から意識はインテリアへ。こちらへ伺ったのは実に久々ですが、とても素敵な建築物なのです。200711230001 そもそも1933年に完成した「朝香宮邸」を1983年に美術館として公開したもの。アール・デコ様式とジョポネスクが同居し、曲線の美しさが際立っています。玄関のガラス扉のレリーフは、あの”ルネ・ラリック”!照明もまたアール・デコであり、豪勢ではないですが計算された美しさ。そして広大なお庭。まさに都会のオアシス200711230010ですね。 200711230011 200711230014200711230008

こちらには日本庭園もあります。200711230009鯉の棲む池ともみじの紅。すぐ脇にはお茶室も。

西洋庭園では楽しそうにワイン?シャンパン?を飲む人たち。グラス持参でやって来たのかな?贅沢です♪ ベンチに座って見上げた空。

200711230012 200711230013

200711230019 隣接するカフェで一息。テラス席はガスストーブで暖をとって。

ティファニーの創立者「チャールズ・ルイス・ティファニー」と並んで、ガラス工芸の芸術性を高めた「ルネ・ラリック」。双方の作品に多く見られるシノワズリーな世界。また植物や昆虫をモチーフにしたものも有名ですね。ずっとずっと昔の話ですが、とても憧れていた年上の人からブローチをプレゼントされたことがありました。もちろん嬉しかったのですが、それはルネ・ラリックばりの蝶のブローチ!虫嫌いの私は固まってしまい・・・(笑)。今思うとアール・ヌーボーの素敵なブローチだったのですが。それもいつのまにか無くしてしまいました。あの頃より大人になり、ブローチが似合う私になれたというのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビーナスの体重

先日何気なくつけていたテレビで、日本女性の”低体重”について論じられていました。欧米諸国から見ると、ここ数年の日本女性の体重は低下する一方とのこと。ふ~ん、そうなんだ。ベトナムや、インドネシアを旅行した時は、日本人に比べなんて皆さん細いのかしら!と、ビックリしたものですが・・・。(確かに背も低いのですが、あの肩幅の狭さ、ウエストの細さは”植物”を連想させます)最近は欧州でも”痩せすぎのモデルは使わない”なんて風潮があり、痩せ願望は危険!!とシグナルを送っていますね。

さて、ルネッサンスの巨匠ボッテチェリの「ビーナスの誕生」ですが、最新鋭の技術を駆使(?)したテレビでの発表によると、身長158cm体重は52kだそうです。この数字は意外。何だか親近感が湧くではありませんか!思わず「私のほうが少し背が高く、少し軽い!」と、比較してちょっと安心したりして(笑) あれって、美の理想なワケですよね。だったら痩せる必要も無し・・・ってこと?

痩せ願望は、モデルや女優というビジュアル系が理想となり、女子に拡がっているといいます。ファッションでもありますよね。しかし大抵の男子は、ふっくらしてる方が「女性として魅力的」と万国共通の声が。時代がどんなに変わろうとも、男性の理想はボッテチェリの健康的なビーナス。ある意味とても正しいのかも知れません。

しかし最新の技術を駆使しても、ビーナスの体脂肪やら内臓脂肪やらは判定出来るワケではなく、どうせならそこまで知った上での判断基準が欲しい(笑)そうしないと、どこまでも甘えてしまいそうなこの生活。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

受胎告知

「受胎告知」 漢字にすると凄いインパクト。重たいですね。上野の「東京国立博物館」にて、観てきましたよ。ダヴィンチの傑作。平日というのに混んでました。ダヴィンチファン人口は多いのですね。

日本発上陸の絵。思ったより小さくてちょっとビックリ。まぁ、モナ・リザも小さくて驚いたっけ。聖書をかじった経験のない人は、つまらないかも知れないこの時代の絵。しかし、”空気遠近法”との初めての表現を知り、勉強になった展覧会でした。なんと!絵はこの1点だけで、あとはダヴィンチが残した数々の研究を集めたイベントでした。興味深いけれど難し過ぎて、イマイチ理解できず・・・だって、科学なんだもん。「最後の晩餐」の説明もありましたが、いつか本物を見たいものです。天才の名を独り占めにしたダヴィンチ。そう言えば「ダヴィンチコード」にははまったっけ。あれは面白かった!

日傘が手放せない暑い1日でした。連れの都合で横浜へ。だったら美味しいもの食べに行きたい!で、いつもの”A”に伺います。「食べないね~」といわれる事は数知れず・・・ところがこちらでは「良く食べるね!」と驚かれ、否定したいような、嬉しいような、複雑な思い(笑)今日も美味しかった!ゴキゲンです。

虫みたいだけど、暖かくなると出歩きたくなる単純なワタクシ。引っ越す前は近所にご贔屓のお店を何件か持っていました。最近また見つけてしまったのです。居心地の良い場所。今日はすっかり長居してしまい、タクシーでご帰宅です。本多シェフ、遅くまでゴメンネ!

先日Mちゃんに借りた「EGOーWRAPPIN」の”満ち潮のロマンス”良いです。凝ったアタマが溶けてく感じ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

モディリアーニと妻ジャンヌの物語展

20074290003 サブタイトルは ”運命のアーティストカップル” モディリアーニの描く「ジャンヌ」は、今まで何度か眼にしてきたけれど、今回その写真も展示されていました。確かに似ている・・・細長い楕円形の輪郭。長い鼻。菫色の瞳。ただ、本物の彼女は意志の強そうな、真っ直ぐな眼差しでカメラを見つめています。それは、彼女自身が描いた自画像にも表れています。

モディリアーニに愛された、14歳年下のジャンヌ。彼女自身が画学生であって、才能ある女性だった事が近年明らかとなりました。今までのイメージは、彼の後を追って身投げする悲劇のヒロイン。ところが、それだけでは無かったのです。ジャンヌ16歳~他界するまでの数点が、日本で初公開となりました。少女らしい素描も多くある中、「ピッチャー、瓶、フルーツ」という静物画は、まるでセザンヌを思わせる構成。力量が覗えます。また、その瑞々しい色彩、透明感にはハッとさせられます。彼と出会ってからの作品は、多分に影響を受けつつ、オリジナリティを模索したさまが感じられました。

勿論、モディリアーニは素敵でした。特に今回「珊瑚の首飾りの少女」が印象的でした。何時もながら、あの独特の褐色の肌。優雅な曲線。(特に手の表情が気になります)日本画を意識したような輪郭線も彼ならでは。

「モンパルナスの貴公子」と謳われたイケメンアメデオの、映画の様な人生を映画にした「モンパルナスの灯」が、現在Bunkamura「ル・シネマ」にて上映されています。ジャンヌ役はフランスの美女「アヌーク・エーメ」 凛として、意思の強そうなところ、近いかも。5月6日迄だとか。行きたい!

美術館の後は、アルコールで少し頭を休めましょう。VIRONで何時ものレバーのムースをつまみに、今日はブルゴーニュからボルドー、そしてプロヴァンス近くまで、ワインで旅してまいりました。20074290001 暫く忙しい日が続いています。そんな時程、アートに触れたくなる。ある意味”現実逃避”ですが(笑)、”美しいものがみたい”と心が言っているのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)