« Tarte aux fraise | トップページ | もっと自由でいいんじゃない? »

ラフランス

20085210070 洋梨ではありません。四季咲きのピンクの薔薇で、とっても良い香りなのです。

横浜高島屋の薔薇展へ行って来ました。素敵な薔薇がたくさんありましたよ。切花は販売されてなかったので、青山フラワーマーケットで追加購入。偶然にも向日葵プリントのワンピースで出掛け、かごバッグには薔薇のコサージュが付いていた!どんだけ花好きなんだか・・・(笑)。今日は夏のような陽射し、もう日傘の季節ね。

20085210004 切花は、縁取りが濃いピンクのスプレー薔薇。こちらは香り控え目、楚々として可憐です。花たちを抱え一緒に電車で帰宅。ちょっと重たかったけどすごくシアワセでした☆元気で育ちますように。

20085210003

夕食は「チキンとオリーブの煮込み」です。暑さに負けないよう、ホットでスパイシー!

|

« Tarte aux fraise | トップページ | もっと自由でいいんじゃない? »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

わぁ きれいだねぇ
薔薇展行ってきたのね
素敵素敵
なんて名前なのかしらん

ちびたの薔薇も今日 ひとつ咲きました
昨日は 元気がなくて
葉の色が変わってきてたので
ドキッ Hanaの全滅話しを思い出しました
サイトでは水をたっぷりあげて って書いてあったけど
たっぷりってどのぐらい?
根腐れしてもいやだから程ほどにあげていたのがいけないみたい
お水はけっこうたっぷり
水はけが良いのでそれでも夕方には乾いてます
また夕方もたっぷり
これで持ったみたい
世話のやける娘みたいですがかわいいです
(^。^)

投稿: ちびた | 2008年5月23日 (金) 22時02分

ごめん
薔薇のお名前 タイトルになってましたね
ハイブリットティーの種類ね
ちびたと同じだわん 

投稿: ちびた | 2008年5月23日 (金) 22時05分

ちびたさん

そう、ラフランスって言うの。美味しそうでしょ(笑)
ところで、ハイブリットティーって何?

オードリーヘップバーン、ありましたよ。綺麗な花でした!
そして、全滅の原因が解りました。
蕾や花のある時期に、肥料をあげてはいけないんだって。
無知って言うのは怖いね~
薔薇に「ゴメンナサイ!」と謝りました。

ちびた家は西陽があたるから、このところの暑さで元気がなかったんじゃないかな?
根腐れはムレも原因なので、陽が当たってる時間の後に水遣りするのをおススメします。
本には水遣りは毎日・・と書いてあったけど、今日訊いてみたら「乾いたら」という答えでした。
状態を見ながら育てていくしかないのでしょうね。

>世話のやける娘みたいですがかわいいです(^。^)
ほんとにそう(笑)
楽しいです。

寝る前にいただいた香水つけてますよ。
良い夢が見れそうなので☆
どうもありがとう。

投稿: Hana | 2008年5月23日 (金) 23時40分

>ところで、ハイブリットティーって何?

「薔薇 育て方」で検索するといろいろでてくるよ
ちびたもまったくの無知だったので
へぇ~へぇ~ を連発してます

ラフランスはハイブリットティーローズの第一号の品種なんだって


>寝る前にいただいた香水つけてますよ。

きゃぁ~ マリリンモンローみたいだ

素敵

投稿: ちびた | 2008年5月24日 (土) 00時41分

ちびたさん

>「薔薇 育て方」で検索するといろいろでてくるよ
明日調べてみまね。勉強になりそうだ!

>きゃぁ~ マリリンモンローみたいだ
あぁ、有名なシャネルNo5ね。
でも、私の場合裸じゃありませんから(笑)

>ラフランスはハイブリットティーローズの第一号の品種なんだって

ふ~ん、そうなんだ~
で、ハイブリットティーって何・・・?

投稿: Hana | 2008年5月24日 (土) 00時55分

>ふ~ん、そうなんだ~
で、ハイブリットティーって何・・・?


もう、ちびたさんとHanaさんの会話、可笑しいったら

だからぁ、“ハイブリットティー”とは?で検索なさったら 「なるほろ~~!」と納得されますでしょう。

いずこのバラさん達も立派にお花を咲かせますように

投稿: 御局様 | 2008年5月24日 (土) 16時58分

御局様

ボケとツッコミ?
楽しんでもらえましたか(笑)

ハイブリットティー、なんとなく理解しました。
薔薇は深いです!
今日も、ミニバラを1輪買って帰りました☆

投稿: Hana | 2008年5月24日 (土) 21時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラフランス:

« Tarte aux fraise | トップページ | もっと自由でいいんじゃない? »