« 夜想曲 | トップページ | 丁寧に暮らすということ »

アラビアンナイト

20083220022 本屋を覗いてみると春満載、色とりどりのファッション雑誌が並んでました。ビタミンカラーのバッグ&小物も素敵だけど、買って帰るのは’やはり’旅の本。

南仏は、アーティストの愛してやまない地方。いつか行こうと決めているコクトーの教会、香水の歴史を辿るグラースなど、空想しただけで眩しさに眼を細めてしまう光の世界。そして、もう1冊は・・・モロッコ特集。

モロッコに惹きつけられるのは何故だろう?いつの日か、あの朱いマラケッシュの街へ行ってみたいのです。この土地を舞台とした映画は数多くありますが、中でも「イングリッシュ・ペイシェント」は、忘れられない名作のひとつ。カイロの市場を歩くふたり、夕映えのサハラ砂漠、熱風の吹く国の熱病のような恋。

以前、友人が砂漠ツアーに参加しました。ガイドと駱駝が旅の道連れ。砂漠のど真ん中のランチはガイドさん特製クスクスで、それがとっても美味だったそうです。けれど突然の砂嵐に遭遇し、本当に死んじゃうと思ったとか・・・笑い事じゃないよね。

溢れるスパイスの原色。乾いているのに艶っぽく、エキゾティックな街角。そして祈りの国。

|

« 夜想曲 | トップページ | 丁寧に暮らすということ »

コメント

秋の旅行の計画進んでいるようですね(^^)
プロヴァンスのオーベルジュでゆっくり滞在なんてのも素敵そう
晩秋ならトリュフの季節に
地方の三ツ星レストランも魅力的だよね
コクトーの教会 ちびたも行きたいです

モロッコもいいよね
朱いマラケシュに白いカサブランカ
乾いた空気に陰と陽の光りが交差する迷路
香辛料の香り‥

あぁ いいなぁ
計画しているだけでもワクワクだね

投稿: ちびた | 2008年3月26日 (水) 00時59分

ちびたさん

「秋の旅行計画」・・・まだ決定してないの。
ひょっとすると延期になるかも知れません。
いつか出掛けるだろうから、今からイマジネーション
膨らませておくのも良いね。

おっと!
それより、もうじきちびたさんのバカンスじゃないですか!
紺碧の海がふたりを待ってるわよ。
楽しみね☆

投稿: Hana | 2008年3月26日 (水) 09時59分

そうなの?
実行できるといいね

>それより、もうじきちびたさんのバカンスじゃないですか!

そーなのよね
もう一ヶ月切っちゃった
まだまだ と思ってたら早いです

その前にベランダなんとかしなくっちゃ
まだ言ってるし↑ 

投稿: ちびた | 2008年3月27日 (木) 14時33分

1ヶ月切ったんだ。
わぁ早いね~

ちびたさんのことだから、着々と計画が進んでるんだろうな。
どこのホテルに泊まるのかな?
旅行記、楽しみ楽しみ・・☆

>その前にベランダなんとかしなくっちゃ
なんとかしないとね(笑)

投稿: Hana | 2008年3月27日 (木) 18時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夜想曲 | トップページ | 丁寧に暮らすということ »