« 春をイメージして | トップページ | デパ地下ごはん、ひとりアジア »

時間についての考察

さっきまで、友達と電話で話していて思ったこと。

そう言えば”電話で話す”ってことすら、最近めっきり減ったかも。今や、殆どがメール社会ですから。なので、コールする時はちょっぴり緊張します。

我が家の時計、計4個。全てが少しづつ狂ってます。「解っちゃいるけど、直すのが面倒・・・」と言うと、大笑いの彼女。でも、知ってます。彼女のお店にも、お家にも時計自体が無いことを・・・多分。

”時間って何だろう?”つい、そんなことを掘り下げてみたりして・・・。時間は伸び縮みします。それは私の持論で。楽しいとあっという間、つまらない時は長い。

”永遠”について、一時バカみたいに真剣に考えて頃がありました(笑) そんな絶対的なものが本当に存在するのか?この変わり続ける世界に・・・。そして、それが見たかったのです。

結果、見ました・・・多分。

永遠は一瞬の中にも存在する、あたたかい愛の世界でした。

|

« 春をイメージして | トップページ | デパ地下ごはん、ひとりアジア »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

hanaさん

・・・永遠について・・
永遠は、一瞬の中にある。
時とともに変化し続けるモノやコトを超えたところにある”変わらないもの”
一瞬一瞬の積み重ねが、永遠を作っていて、そして、永遠は瞬間とともにある。
”永遠”という表現の中にある、変わらぬもの、変わってほしくないもの、温かな、笑いと、涙と、愛のある一瞬を、見れたら、きっと、その瞬間の中に永遠は在る。

”本当に大切なものは、目に見えないんだよ”
あなたの好きなテクジュぺリさん。

心は目に見えないけど、人それぞれの、心の目に映る世界がある。
どんな心の目で、人や世界を観ているかは皆違うし、その時々でも違う。

あなたが温かいから、あなたの見る瞬間の中の永遠も温かな愛なんですよ。(断言)(笑)

・・・彼女のお店にも家にも腕にも、時計はなかったと思います。。。
何故だろ~

投稿: yuki | 2008年2月22日 (金) 21時18分

”時間って何だろう?”
唯一 世界中で平等なものです 

投稿: ちびた | 2008年2月22日 (金) 22時19分

Yukiさん

”断言”されてしまった(笑)
すごく納得です。
Yukiさんって饒舌だったんだね(笑)

>一瞬一瞬の積み重ねが、永遠を作っていて、そして、永遠は瞬間とともにある。

うんうん、そうね。

この不確実なめまぐるしい世界であっても、変わらない気持ちってあるんだなぁ・・と、思ったんだよね。
だから永遠=信じるこころ
青臭いですけど(笑)

そうそう。4つの時計の中の1個は止まってました。
今朝発見!

投稿: Hana | 2008年2月22日 (金) 22時48分

ちびたさん

>唯一 世界中で平等なものです 
そうか・・・そうなんだ。
まるで考えたことなかったです。

そうね。どう過ごすか、どう生きるかも自分次第。
平等なら、言い訳も出来ないし。

明日、どう過ごすか?
真剣に考えてみます(笑)

投稿: Hana | 2008年2月22日 (金) 22時53分

永遠は、
それを信じ込んでしまっている(マイナスの場合)
もしくは
それを信じている(プラスの場合)
時に感じると思います。

と書こうとコメント枠を開いたら、
既にHanaさん書いていましたね、、、。
というわけで同感です。

それまで見ていなかった永遠を見たときや、
それまで見えていた永遠が見えなくなったときを、
転機やきっかけにしてきたのかもしれません。

投稿: ひぬ | 2008年3月 2日 (日) 22時10分

ひぬさん

>それまで見ていなかった永遠を見たときや、
それまで見えていた永遠が見えなくなったときを、
転機やきっかけにしてきたのかもしれません。

ナルホド、そうですね。
確かに転機になりますね。

永遠にはプラスとマイナスがあるのね(笑)
思い当たる節もあり、納得。


<ここからHanaさんの同居人>
「信じている時に感じる・・・」そう、きっと時間とは
「時感」なのでしょう。
時計というものでは計れない中に永遠はあるのかもしれません。
永遠とは、時を刻む「時刻」が続くことではなく、
時を感じ続ける「時感」の中にあるのでしょう。


投稿: Hana | 2008年3月 2日 (日) 23時27分

ちょっと補足します。
魂で感じることができればそれが永遠へと
繋がるということなのでは?
魂は永遠に不滅だから。

投稿: Hanaさんの同居人 | 2008年3月 2日 (日) 23時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時間についての考察:

« 春をイメージして | トップページ | デパ地下ごはん、ひとりアジア »