« イノセントな赤 | トップページ | 洗足池にて »

パンドラの箱

何かがカチリと音を立てる瞬間。それはパンドラの箱を開ける作業に似ています。ずっと昔、友人に言われたこと。「パンドラの箱を開けるべき」

あれから私は箱を開けたのかも知れない。音は聞こえなかったけど、気付くと開いていたようです。固すぎて、随分と時間はかかってしまったけど・・・。しかし、人生は剥いても剥いても終わらないキャベツみたい。箱にはまた小さな箱が隠されていたりもします。それを人は”殻”と呼んだりするワケです。

箱の鍵は特別な誰かがそっと渡してくれる、思いがけない素敵なプレゼント。全力で走って傷だらけになって、深い眠りから覚めると、ピカピカ光る小さな鍵を掌に掴んでいる。かけがえのない誰かは、同じ大切なものを持つどこか似ている人だったりします。その人はきっと、私が笑ってる時も泣いている時も心が繋がっている人です。

背伸びしなくても良い。殻を破ることは、誰でもない自分を探すこと・・・多分ね。

「何かがカチリと音を立てる瞬間」の意味を聞いてくださった方と、つい最近出会った美しい女性と、何よりも”私自身”にこの独り言を捧げます。

|

« イノセントな赤 | トップページ | 洗足池にて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

hanaさん

人生は剥いても剥いても終わらないキャベツみたい。箱にはまた小さな箱が隠されていたりもします。それを人は”殻”と呼んだりするワケです。

そう思います。
逆説的かもしれませんが、’核’というのが意識化された時に、そこから、もっと大きな、’何か’への、新しい旅が始まるような気がします。

背伸びしなくても良い。殻を破ることは、誰でもない自分を探すこと・・・多分ね

多分ではなく、本当、だと思います。

パンドラの箱が、あいてよかった。
hanaさんが、自分に正直に、向き合って生きてきたからですね。

素敵な、ブログをありがとう。
感謝です。

投稿: yuki | 2007年12月 9日 (日) 02時09分

>説的かもしれませんが、’核’というのが意識化された時に、そこから、もっと大きな、’何か’への、新しい旅が始まるような気がします。

yukiさん

そうですね。もうそろそろ、私自身のアイデンテティーを信じる時期になった気がします。そこから始まる旅が、本当の意味で殻を破ることなのだと・・・

多分ではなく、本当と言ってくれて有難う。
心強いです(笑)
先日、貴女にピカピカの鍵をいただきました。
こちらこそ感謝してます。

投稿: Hana | 2007年12月 9日 (日) 02時38分

Hanaさんこんにちわ!
コメントしたい記事が沢山あるのに、簡単な言葉では言い現せない沢山の感動に浸っています。
Hanaさんが積み重ねてきたキャリア、血となり骨となり、肉となり、そしてシンクロし合う素敵な人達との高め合い。
脂ののりきったいい女を見る思いです。

私はと言えば、渡りに船と言う言葉がありますが、正にその船に乗せられたと言うか、乗ってしまったというか・・・。
気まぐれで申し込んでみたお仕事を始めてはや一ヶ月余り、疲れ果ててHanaさんがいつか仰ってた“ドロのように眠る”
そんな毎日を送っています。

同じドロでも、泥まみれ?(爆)Hanaさんのそれとは充実感も、グレードも異質なものですが、ン十年、殿方に隷属して生きることしか知らなかった私にはそれでも大変な事でした(^^;)

「ヴィニュロンたちの食卓」先月末に手にしながら、コメントできなかったのは、時間がないのもさることながら、一言では言い尽くせないものを感じたから・・・・。
といいつつ、実は我がボキャ貧の言い訳です(^^;)
とにかく素敵な本をありがとう!
挿入された手書きのレシピにHanaさんの温もりを感じ、ちびたさんの賞賛に「もらいうるるん」した訳を実証しました。

投稿: 御局様 | 2007年12月 9日 (日) 11時13分

お局様、おひさしぶり!

お仕事始められたのですね。生活を変えるって大変なこと。
貴女の勇気、素晴らしいと思います。
どうぞ、お体ご自愛くださいね。

ブランドブックを愛してくださってありがとう。
そのお気持ちがどんなに励みになっていることか・・・
皆さんからいただいたお褒めの言葉、一緒に創ったメンバーにも伝えています。感謝です!

今年もいろいろなことがありました。
来年の自分、5年、10年後の自分。どんな風になっているのやら想像もつきませんが、
残り僅かな2007年を、楽しく過ごしたいものです。

お局様デザインのクリスマスカード、「あん ぷてぃ しあんで」拝見しましたよ。
素敵☆作品もっと見たいです!

投稿: Hana | 2007年12月 9日 (日) 20時24分

本当に。
”これ、!”という到達点が無く、いつまでも続くけれど、
それでもその時々で区切りや節目がある。
一枚一枚剥がしていくことは必須で、
すっとばして覗き見ることは出来ないけれど、
そこが醍醐味ですね!

ちなみに、入れ子好きの私はマトリョーシカを連想しました。
全く急いでいないけれど欲しいものの一つです。
今日のHanaさんの文章にはそぐわないですが(笑)。

投稿: ひぬ | 2007年12月11日 (火) 22時35分

ひぬさん。

おぉ、マトリョーシカ!!
3日前、話題になったばかりです。
こんなマニアなものがまた例えに登場するなんて、ちょっと怖い(笑)
確かに入れ子の王道ですが。

自分で買うつもりはないけど、貰ったら嬉しいかもしれないものの一つ・・・かも。

今更だけど、最近自分の好きなひと達が何故好きなのか、言葉で言えるくらい解るようになりました。
きゃべつを1枚剥いた感じです♪

投稿: Hana | 2007年12月12日 (水) 00時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パンドラの箱:

« イノセントな赤 | トップページ | 洗足池にて »