« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

花に触れて思うこと

200711300012_2 先日の我が家でのパーティに、お友達からいただいたバラ。満開の花びらは幾重にもなり、しとやかな風情でありながら「見て!」と小さく叫んでいるように感じます。そして、今日を境に花びらは散っていく予感・・・

季節の移り変わりの速さ、1年はあっという間と感じる日常。変化はとても刺激的で、変化し続けるひとになりたいとの思いが強い私です。だからこそ、この一瞬の美しさ、儚さを心に刻みたい。

花びらをひろげた姿は、誰の為でもなく精一杯生きている証。それが人に感動を与えたり、癒したりする。少し立ち止まって、深呼吸した瞬間。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

うつわストーリー

200711280011_3 思いがけず、レッスンの依頼がありました。それもとっても楽しみな企画・・・

偶然にも(!)ご近所だったカルティエさんからお茶にお呼ばれし、初めて伺ったお宅。同じマンションでありながら、やはり雰囲気は全然違います。ナチュラルでシンプル。北欧風の落ち着いた感じは、まさに今の主流ですね。小学生の男の子のいらっしゃるお家とは思えないほど片付いています!いつも”綺麗な奥様”カルティエさん。やはりお部屋もイメージ通りです♪

そして、テーブルの上には素敵な食器が。お母様から譲られたという古いものだそうです。そうそう、カルティエさんは子供の頃、お父様のお仕事の関係でパリに住んでいらしたのです。こちらは当時お母様がお買い求めになったリモージュのセット。今回の企画は、想い出の食器に早春のお料理を盛りつけるのがテーマのお教室なのです!素敵ですね☆

描かれたブルーの花といい、レリーフといい、とっても繊細なお皿です。春を告げる優しい色のポタージュ、白身魚の柔らかな食感など、メニューのイメージはどんどん広がります!ネイビーブルーのデイナープレートを合わせると、きりっと辛口。また別の表情を見せてくれました。

200711280001 200711280010_2

いただいたスイーツは、マカロンのようで少し違う。口の中で雪のようにとける感じ。チーズを練り込んだパイや、お土産にブルターニュの塩キャラメルまでいただいて帰りました。ご馳走さまでした!紫陽花のリースもお洒落♪

どんなレッスンになるのか、今からとても楽しみ!大切な器に夢を描くように、丁寧な仕事をしたいです。そして、皆さんの輝く笑顔が見られたらと・・・

| | コメント (8) | トラックバック (0)

Party☆

2007112730017 殆ど初対面でのメンツ。我が家でもディナーは、良い感じに盛り上がりましたよ~。だって、最初から解ってたもの!皆さん気が合いそう♪

ちびたさんのパン、美味しかったです!優しい甘さに、お人柄が出ています。ありがとね☆そして、Hirokoさんセレクトのワインは素敵!特に最初の白。白が苦手な私にヒットしました。Eriさんのお土産の赤。最高でした!華やかで、今日のガールズトークにウッテツケではないですか~♪最後にいただいた、ミツフィーさんのシュトーレン。ほろほろ甘く、ラブリー☆やはり、手作りのものは作り手の個性が出るものですね!いやぁ、あんなシュトーレン、初めていただきました。皆様、ごちそうさまです!楽しい時間をありがとう。また今度、忘年会を企画しましょ!詳細はお友達ブログでどうぞ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

反省会

200711240003 もう1月が経ってしまったパリの旅。想い出を振り返りつつ集まった3人です。元町APERTOさんは2月ぶり。今日もいっぱい食べて飲みました。

イタリアのヌーボー、美味しかったです!盛り上がって気付くとナント6時間も居ました!これは驚きじゃない?ゴメンネ~騒がしくて・・・(笑)。シェフはちょっと見ない間にパーマが取れていた。いやいや、そのほうが男前よ!素材が良いからねぇ♪

「反省会」と銘打ってみたものの、何も反省はせず。思い返せば2月前のミーティングも何も決まらなかったな・・・。今考えれば当然というもの。ご当地に着いても明日の事すら解らない、気ままな3人だったから(笑)。キャラはバラバラなメンバーですが、意外にも似ていたようで・・・。

で、本日のお料理はいつものようにシェフにオマカセです。大好きなレバーのムースも健在でしたが、パワーアップして実に美味!そして、イカのマリネは絶品!ミツフィーさんの「美味しい野菜が食べた~い♪」に答え、スマスマのような展開も楽しかった!200711240005200711240009

200711240002 200711240006

200711240007

シェフにお願いしたクスクス。イタリアンのお店でなぜ?と思われるでしょうが、もともとフランスで修行された方。先日のモスクのクスクスより全然美味しかった!そして繊細なんです。現地(例えばアフリカ)ではいただいたことがないけど、郷土料理から発した異国の文化を勉強しオリジナルにすると洗練されるのですよね。それが吉と出るか凶と出るかは、作り手次第ですが・・・。感謝です☆

野菜の優しい味がベース。ほろほろと柔らかい羊さん。なぜか?クスクスにはウルサイ私ですが、かなりのレベルの高さ。また次回もお願いします!200711240011_2

| | コメント (10) | トラックバック (0)

庭園美術館

200711230017 あまりのお天気の良さに、ふらっと「ティファニー展」を見てきました。今回の目玉「バード・オン・ア・ロック」は圧巻でしたが、やはり連休初日ということで大混雑。さながらラッシュアワーの車内のようです!瀟洒な洋館である館内。小さな部屋に人が溢れていて、ほとんどの作品を近くで見るのは難しい・・・。 なので、途中から意識はインテリアへ。こちらへ伺ったのは実に久々ですが、とても素敵な建築物なのです。200711230001 そもそも1933年に完成した「朝香宮邸」を1983年に美術館として公開したもの。アール・デコ様式とジョポネスクが同居し、曲線の美しさが際立っています。玄関のガラス扉のレリーフは、あの”ルネ・ラリック”!照明もまたアール・デコであり、豪勢ではないですが計算された美しさ。そして広大なお庭。まさに都会のオアシス200711230010ですね。 200711230011 200711230014200711230008

こちらには日本庭園もあります。200711230009鯉の棲む池ともみじの紅。すぐ脇にはお茶室も。

西洋庭園では楽しそうにワイン?シャンパン?を飲む人たち。グラス持参でやって来たのかな?贅沢です♪ ベンチに座って見上げた空。

200711230012 200711230013

200711230019 隣接するカフェで一息。テラス席はガスストーブで暖をとって。

ティファニーの創立者「チャールズ・ルイス・ティファニー」と並んで、ガラス工芸の芸術性を高めた「ルネ・ラリック」。双方の作品に多く見られるシノワズリーな世界。また植物や昆虫をモチーフにしたものも有名ですね。ずっとずっと昔の話ですが、とても憧れていた年上の人からブローチをプレゼントされたことがありました。もちろん嬉しかったのですが、それはルネ・ラリックばりの蝶のブローチ!虫嫌いの私は固まってしまい・・・(笑)。今思うとアール・ヌーボーの素敵なブローチだったのですが。それもいつのまにか無くしてしまいました。あの頃より大人になり、ブローチが似合う私になれたというのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しらすのペペロンチーノ

200711200013_2 高知の方から、釜揚げのしらすをいただきました。スーパーマーケットで買い求めると、少量で高価なもの。使い道を悩むほどの量、そして何より新鮮!贅沢にも本日のランチ、パスタに使います。

先日泥つきの美味しそうな深谷ねぎを購入。冬になってますます美味しくなる長ねぎです。それとガーリック、赤唐辛子でシンプルにペペロンチーノにしました。この”たっぷりなしらす”に注目あれ!

生しらすを使ったパスタは、本場イタリアにも存在します。生しらすはデリケートで痛みやすいので、なかなか入手は困難ですね。藤沢?江ノ島?に、生しらすのパスタで有名なイタリアンのお店があります。(そう、あの黄色いレストランですね!)

今日はアドリブでナンプラーを隠し味に。ナンプラーはタイ語、ベトナムではニョクマム。日本ではしょっつるが近いでしょうか。魚醤と呼ばれるお魚で作ったお醤油です。なので、魚との相性は当然バッチリ。そして、オリーブオイルにも良く合います。そんなスパイスやソースと素材とのマリアージュを、ゲームのように楽しんでみては?

テーブルの上の旅。普段の何気ない食卓に、遊び心と夢を添えて。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

人生と・・・

200711200001_2 シルクジャスミン。花が咲いた後、小さな赤い実をつけました。初めて見るその姿は野いちごのようにささやかで可憐。少し前、木枯らしが吹いたと聞きました。秋も終わったんですね。 11月もあと10日を残すのみ。季節は私を追い越し、気付くといつも後姿ばかり見ているようです。

今日母が帰り、彼女を友達だと思っている犬達は寂しそう。最近は仕事ではなく、私生活が忙しない。出張から戻ってきた彼が、夕食後バタバタと山のような書類の整理を始めました。???・・・と思っていると、”年末調整”やら”確定申告”の書類を捜していたようで。(全く事務処理能力の無い私に変わって、我が家では彼が担当なのです) ところが、必要な書類はどんなに捜しても見つからないらしく、ひと言。

「どうでも良いものはたくさんあるのに、本当に大切なものはみつからない。」

人生と同じだね!と、笑った夜でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ジビエ!

    200711190000_2

マダムちびたからお裾分けいただいた「鹿肉」。今日のランチに料理しました。なんでもお友達のお父様が狩猟で射止めたレアもの。なかなか手に入らない貴重なお肉です。あ~ジビエの季節なんだなぁ・・・と、あらためて実感。さて、どんな風にやっつけよう!

もも肉はロティにしましょう。冷蔵庫のありあわせでどこまで出来るかな?付け合せはエリンギのソテーとごぼうの赤ワイン煮、そして茹でたインゲン。さくらんぼのジャムがあったので、それをソースに使いました。200711190007_5仕上がりは上々!お肉はとっても柔らかく癖がない。遊びに来ている母にも好評でした♪ 

そしてもう1種類。生でも食べられる鹿肉なので、脂の少ない部位は表面のみ焼き、タタキ風のカルパッチョにしました。ソースは塩、砂糖、胡椒、マスタード、バルサミコビネガー、オリーブオイルで作ります。こちらはさっぱりと食べやすい。ポン酢と大根おろしで和風にいただくのも合いそうです。

鹿肉が手に入らない場合は、鴨でもOKです。さくらんぼジャムの他、クランベリーなどベリー系のジャムがお勧め。見た目より簡単、短時間に出来ます。ぜひ1度お試し下さい!

 

<鹿肉のロティ 赤ワインとさくらんぼのソース>

材料(2人分)

鹿もも肉1枚 くず野菜少々 赤ワイン100cc ブイヨン 150cc さくらんぼジャム 大1

作り方

① 鹿肉に塩、胡椒し皮目だけをじっくりと焼く。一緒に鹿肉を掃除した後のくず肉、スジ、くず野菜も焼く。

② ①の肉を取り出し、180度に温めたオーブンでミディアムに焼く。(5~8分程度)

③ ①のフライパンに赤ワイン、ブイヨンを入れ煮詰め、濾してからさくらんぼジャムを加え、塩、胡椒で味を調える。お好みでバターを入れとろみをつけて。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

お祝いのテーブル

200711180075

朝から美容室。FelizのMikaちゃんにアップをお願いしました。とても素敵に仕上げていただいたので、お恥ずかしながら公開です。

今日はこれから結婚式&披露宴なのです。スタイルは全て彼女におまかせ。実に手際良く髪をまとめていきます。写真では写ってないけど、左側にブロンズ色のお花を飾り終了。自分で言うのもなんですが(笑)すごく素敵なスタイルじゃありませんか?程好くラフでありながらもクラシカル。こういう感じ大好き♪さすがMikaちゃん頼りになるね。この後、ごくごくシンプルな黒のドレスにファーを巻いていざ会場へ。場所は横浜の某ホテルです。

200711180067 生演奏を聴きながらいただいたMENU。

200711180018200711180068 200711180072 200711180073 200711180031

200711180074

メインのお肉、特に美味しかったです。全体的に上品で美味。ソースの塩加減、濃度も私好み☆ 盛り付けもシンプルですよね。デセールはあと一工夫欲しかったかな?

ウエディングケーキは、若いおふたりのように甘かったです(笑)おめでとう。末永くお幸せに!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

解禁!

200711160001 11月第3木曜日。今年もやってきましたボジョレー・ヌーボー。アトリエトワポワンさんのレッスンにて、いただいてきましたよ。まずはスペインのシャンパンで乾杯♪

ボジョレーに合わせた本日のメニューはというと・・・大好きなベトナム料理。生春巻きにバインセオです。わ~い、久しぶり!初めてバインセオをいただいたのはホーチミンでした。ガイドと詐欺師の中間(笑)のような中国人と知り合い、1番美味しいバインセオの店を案内してもらったのです。わんさかと盛られた香草とバインセオ。彼は、それをレタスで上手に巻いてくれました。それは本当に美味しくって、パクチーやミントも元気で瑞々しかった。私の味覚にかなりヒットしたのです。

今では日本でいただく事もめずらしくないバインセオ。でも今日は手作り!Hiroko先生の絶妙な粉の配合でパリッパリの皮に仕上がり、大満足な出来栄えです。そして、生春巻きはピーナッツと味噌を合わせたタレが決め手。お肉料理の万能ダレとしても、いろいろ活用出来そう。どちらのお料理もとっても美味しかったです!ボジョレー&ベトナム料理なんてすごく良いアイデアですよね。おしゃれで軽やか。女性好みの素敵なマリアージュでした。200711160003 200711160004 200711160007

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Tatuyaくんとお散歩

200711140000 小春日和のポカポカ陽気のなか、Tatuyaくんと約束していた犬の散歩。小さな子と犬の2ショットは、なんて微笑ましいのでしょう♪家族以外に初めてリードを引かれ、ちゃんと言うこときくかな?と心配してたけど、大丈夫!パトはとっても素直にお供しています。Tatuyaくんは、最初ちょっぴり緊張してたけれど、上手だよ!優しくパトを従え立派なものでした~。

200711140002 途中の会話。「パトさんとタンタンは、お散歩の時ウンチしないんですか?」「あ~お家でさっきしたんだよね。だから今日はしないかも」「2匹とも?」「うん、そう」「僕もさっきしてきたよ!」「じゃあ、みんなしたね!」(笑) 何度かTatuyaくんのお友達とすれ違います。ご近所の大きなお屋敷はクラスメートの家だとか、今夜19時からのサッカー中継が楽しみなことなど教えてくれます。お隣の公園でちょっとひと休み。赤ちゃんを連れたママたちに囲まれました。赤ちゃんは犬に興味深々、笑顔で近寄ってきます。Tatuyaくんはというと、ちょっと照れながらも自慢げな表情。写真を公開できないのが残念です!

先日は固まっていたタンタンも、今日は彼になついてます。2人と2匹、のんびり暖かな昼下がりでした。Tatuyaくん、またお散歩行こうね!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

小さなお客さま

200711120010_2 ちびたのパンのお客様かるてぃえさんと、小さな紳士Tatuyaくんをお招きしての夕食です。お土産にこんな素敵なリースをいただきました。ありがとう!このままドライになるそうです。まるでクリスマスがやってきたよう!

パトは大騒ぎ!ゲストが大好きなのです。Tatuyaくんに抱っこされ、舐めまくる&尻尾をぶんぶんふります。Tatuyaくんは犬が大好き。パトのしつこい攻撃にもめげません!

タンタンというと、アレッ、震えてる・・・風邪?いえいえ、子供が怖いのです(笑)そういえば、近くの小学校の下校時間に遭遇すると、固まって歩かなくなっちゃう。小さな子の動きが怖いようです。彼は紙袋も、ビニール袋も怖い。臆病でナイーブな男です(笑)

200711120005 200711120006 200711120008 200711120009

考えてみるとごく身近に子供がいないので、小さなゲストのディナーに何を作ればいのやら?悩んだ結果のメニューは・・・

さつま芋のポタージュ。蕪と生ハムのマリネ。カレー風味のきのこのソテー。そしてメインは、チキンピラフにホワイトソースを添えて。どうかなぁ~?と心配してたら、Tatuyaくん「美味しい!」と全部食べてくれました。良かった♪ 聞くと彼、ハンバーグや焼肉、生姜焼きが大好きなんですって。なぁんだ、ダーと一緒じゃない!そっかぁ、小さくても男なんだねぇ。では、次回は”煮込みハンバーグ”はいかが?実は今、煮混んでる最中なんです。ハンバーグ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ありがとう

200711100038 今日は誕生日でした。「今更誕生日なんて・・・」と言う人って多いけど、私はいくつになっても素直に嬉しいです。やはり特別な日だから。甘いものは苦手。でも、「ケーキ買わなくっちゃね!」と言う彼の可愛らしい気持ちが嬉しく、カットされたケーキを数種類選びました。キャンドルは無し。(穴だらけになっちゃうからね!)お行儀悪くかつ贅沢に、全部をちょっとづつ味見。モノより想い出・・・なんてCMがあったような。プレゼントも貰って嬉しかったけど、ケーキ売り場に向かう彼の後姿を私は忘れないと思う。かたちあるものはいつか消えるけど、人の思いは忘れられません。思いがけず、「Happy Birthday!」とメールくださった方ありがとう!心優しい人たちのおかげで、私は今日も生かされています。またひとつ歳を重ねる事が出来ました。誕生日はみんなに感謝する日ですね。

そして!今日はスペシャルなプレゼントがありました。お友達のちびたさんがブログで、本の紹介をしてくださいました。それはそれは、素敵な文章で、あたたかくって・・・。自分のことのように、こんなにも喜んでくれる彼女。胸が熱くなり、感謝で・・・・・それ以上は言えません(笑)。

あ~今日も良い日だったなぁ。この気持ちを汚さないよう、これからも前向きに歩いて行きたいです。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

終わりなき旅

20071160022 恐竜のCDジャケット。Mr.Children 1996~2000のベスト版です。昨日のブログへコメントをいただき、その流れで久しぶりに聴いてみました。おぉ、懐かしい・・・。本日のタイトル「終わりなき旅」が、収録されています。低空飛行を繰り返していた迷い多き時代、この曲にとても励まされました。出だしのアレンジも好き。「誰の真似もすんな。君は君で良い。生きる為のレシピなんて無いさ」と歌われる度、胸が熱くなったものです。ワタシハワタシデイイ。

閉ざされたドアの向こうに 新しい何かが待っていて きっときっとって 僕を動かしてる  いいことばかりでは無いさ でも次の扉をノックしたい もっと大きなはずの自分を探す終わりなき旅・・・と、ミスチルは歌っています。

ふっと立ち止まりそうな時、またこの曲を聴いて先に進みたい。バイブルのように。

ちなみに、ラストの「口笛」も好きです。地味だけどやさしくあたたかい曲。風邪をひいて引きこもっていますが、すごく幸せな1日でした。ロンバケさん、お見舞いのメールをくださった方、どうもありがとう。

昨夜、一緒にパリを旅行したミツフィーさんからメールをいただきました。わざわざ本を買っていただいて、ブログにも取り上げてくださいました。お友達ブログで紹介しています。彼女、すごく写真が上手でいつも感心しています。(同じ景色を撮っていてこの差は何!)文章も面白い。出会った頃の、キレイなお嬢さんの印象は同じなのですが、一緒に旅していろいろ感じるところがありました。相変わらず可愛いけど、すごく自由人で心が自立してるひと。キラッと光る個性、彼女らしさが気持ち良い。居心地の良い1週間でした。 先日、ノッティーから送られてきた写真は、バトームッシュでの2ショッ0005ト。ハートのある人との出逢いが、人生に価値を見出せるのではないでしょうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

勘違いのつもりが・・・

3日前からクシャミが続き、「それは鼻炎のせい」と片付けていた。今朝は咳で目が覚め、「それは持病の喘息のせい」と思い込んでいた。目の奥の何とも言えない重さ・・・「これは寝不足のせい」。しかし、普通に考えて風邪なのかも?鬼のカクランですかね(笑)。でもまだ疑ってます・・・勘違いだと。そう信じたい(笑)

青春真っ盛りの”声変わり”のような、またはゲイバーのオネエさんのような美声(笑)。緊張の糸が切れ、身体?心?が、ゆるゆると弛緩したのかな。子供の頃からしょっちゅう熱を出す虚弱体質だった私でした。しかし、あるところからすごく元気になりました。何がキッカケなのか正しくはわからないけど、きっと良い意味で開き直ったのでしょう。すると、心がちょっと強くなった。すると、身体が強くなりました。

考えてみると、若い頃は将来の心配ばかりしていた気がします。夢も有り余るほどあった。今思うと、あれは本当に夢だったのかな?いつも高いハードルを並べる事が好きでした。飛び越える快感、そして飛んだあとの虚しさ。

「人生はゲーム」とある人に言われ、「有り得ない!真剣勝負でしょ!」と、理解出来ないあの日の自分が居たけれど、今現在はわかります。ふざけてる訳ではなく、真剣なゲーム。

イメージするのも、プロデュースするのも、賭けに出るのも自分次第。でも、シナリオだけは書けません。思う通り進まないのが人生ですから。何処に辿り着くのかわからないのが面白い。人生は旅だもの♪変化を楽しめれば、人は怖れを捨て楽しく生きていけるのではないでしょうか?「そんな刹那的なこと、駄目ですよぉ~」なんて、言われちゃったりするんだけどね(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

冬の足音

日が暮れるのが早くなりました。夜ベランダでワインを飲むひと時も、なんだか肌寒い。もうブランケットが必要ね。今年もあと2月もなく、時間が経つのはあっという間。昨夜は友人と久しぶりに長電話。気付くと空が明るいではないですか!やっちゃいました・・・(笑)なので、寝不足気味の今日。しかし楽しいねぇ~気のおけない会話は。

来週に迫った結婚式のおよばれ。そのドレスをチェックしたのですが、やっぱり・・・。予定のドレスがキツイ!薄々予感はあったもののショックです。で、他の何着か試してみると、またしてもキツイのです。あ~やはり・・・原因はきっと、この夏飲み続けたビール!プール1杯分飲んだからね。(村上春樹の処女作「風の歌を聴け」に、こんな例えがあったような)20071160017_2 それもあって、今日の食事は具沢山なお味噌汁を。ごくごく家庭的な日本の味。飲みすぎの肝臓と、睡眠の足りぬボーっとした頭の為に・・・。血液サラサラには玉ねぎ。風邪予防?に長ねぎもたっぷり。ダイエット効果を狙って、唐辛子のカプサイシンもとらなきゃ!式まで、残すところあと10日・・・どこまでの結果が出るのやら?怪しいところです(笑)。

秋から冬の足音をきく頃になると、無性に和食が食べたくなる。根菜の煮物なんかいただいて、ほっこりしたくなるのです。野菜室にあるきのこ、大根、人参、白菜、お芋、ごぼう、南瓜・・・今日は何を使おうか? いろんな野菜を切って、グツグツと煮込む作業もなにやら楽しい。秋真っ盛り、どんどん素材が美味しくなる季節です。なので、無性に料理をしたくなる季節でもあります。グルメレポートは欠かさない私ですが、そう言えばお料理レシピの更新をサボってるなぁ。古いレシピも”虫干し的に”活躍させねば!

あっ、ダイエットが大原則だったっけ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アトリエ・トワ・ポワン

かねてからセンスの良い素敵なブログと、興味津々で拝見していたワイン教室「アトリエ・トワ・ポワン」さんに行ってきました。そこは、目白の閑静な住宅街のマンションの1室。タイニーな、可愛らしいアトリエでした。主宰のソムリエールHirokoさんは、想像どおりのキュートな方!ショートカットが爽やかな綺麗な女性です。さてさて、今日のお料理&ワインは・・・

20071130012 20071130011

まずは、オーストラリアの白。このワインに合わせたお料理はなんと!”おから”を使ったサラダなのです。フレンチのタブレをオリジナルにアレンジ。このアイデアは素晴らしいですね。いつものタブレも大好きだけど、また違う食感が新鮮でした。ヘルシーばかり先行して味は二の次というお料理が多い中、美味しい!そして、赤ワインはフランスのBIOワイン。なんでも、自然派ワインのカリスマ醸造家さんのものとか・・・。フランスでも、あっという間にBIOブームが定着しましたね。

Hirokoさんが作られたお料理を、説明されながらワインと食する・・・そんな流れなのかな?と、勝手に想像していた私。いきなりエプロンを渡され???ボーっとしていたら、お料理もみんなで作るのです。これは楽しいね!ひさびさの、お料理教室。

20071130010 20071130009

赤にあわせた”コック・オー・ヴァン” たっぷりな赤ワインで40分程煮混んで、お肉はホロホロに。手軽なのに本格的。どちらも優しい家庭の味です。フランスにも住んで勉強されていた彼女。レストランで食べるフレンチも良いけど、実際に生活者となりその目線で作る彼女の料理は、身体にすっと入ってくる感じ。大好きなワインをもっと身近に楽しんで欲しい。そんな気持ちがなせる技です。ひと口いただいて、お人柄が伝わってきました。

いつも思っていることだけど、お料理って国籍なんていらないんじゃないかな?もちろん基本は大事だけど、頭で考える前にいろんなものをいただいて、経験するのが幸せだと思う。大切なのは好奇心と愛です(笑)。次回のアトリエのメニューは、ベトナム料理とワインのマリアージュですって!しかも、ソースには”味噌”を使用されるとのこと。今から楽しみです!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

CHINA 「通門香」にて

前述のとおり、お土産をお渡しするため八重洲口にて待ち合わせ。今日のお食事の相手、いつもお世話になってる某商社のK氏。3年前、パリの支店長さんだった頃知り合って、日本に戻られてからも時々ご飯をご馳走していただいてます。ロマンスグレーですが顔は少年のようで、江戸っ子気質も気持ち良い。

20071120007 20071120009 20071120012

「貴女はこんな仕事してるから、何でも食べれるよね~」「ハイ、虫以外は。」「虫はねぇ~」「ですよね!」そんな他愛もない話をしつつ、私のリクエスト”クラゲの前菜”です。お好みでXOジャンを付けて召し上がれ。かなり店内暗かったので、写真がボケてますね、スミマセン。そしてショウロンポウ。またしても私のリクエストの上海ガニ。やっぱり季節の風物詩ですから、おさえておかないと。今日はオス、メス両方いただきました。今の季節美味しいのはオスらしい。確かに。実が柔らかくて美味しかったです。

2007112001320071120014 20071120016

何故か男性の好きな麻婆豆腐。唐辛子ではなく、山椒の辛さがすごい!ピリピリと汗をかきそうな感じ。そして、おこげです。ジュウジュウと美味しそうな音。柔らかい癖のないお味。美味しかったです。最後に甘いものを、必ずオーダーするK氏。欧米か!(古い?ですよねぇ~)仕事の話もしたけど、ごくごく普通の会話が出来るシアワセ。感謝です。お勘定を払いたい私に、絶対譲らない彼。いつもいつもご馳走になるのはホント申し訳ないです・・・しかし、やはり譲らない。今では少なくなってしまった「日本男児」健在なんですね。サムライの生き残り?その男気、美学・・・オトコマエな女を目指すものとして、見習いたいものです。

20071120017 東京駅を前にして、握手して別れました。(握手が似合う中高年も、数少ない・・・)酔いを醒ます為、少し周辺を散歩しました。同じ様なビルが多過ぎて、自分が何処にいるのか解らなくなります。今日は楽しかった!何より、忙しい時間をさいて食事をともにしてもらうのは有り難いことですよね。どんなに美味しいものも、ひとりじゃツマンナイですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨ですね

今日から11月です。早いですね。

昨日、仕事関係でちょっと失敗してしまい、今日はダーも居ないので思う存分落ち込んでいました(笑)。たいしたことではないのかも知れないけど、何となく自己嫌悪。おまけにお天気も冴えない。なので、なおさら思う存分引きこもりました。やはり人と自分は違うのですよね。スピードも価値観も・・・。よく人に言われるのは、「Hanaってホントいつも元気ねぇ!」。そうなのかな?自分ではよく解らない。家ではまったり。(外でも?)かなりの天然ボケだし。

私の数ある武勇伝のひとつに、「おしぼり置き事件」があります。気を利かしたつもりで伝票が挟まれてる板(?)をレジに持っていって「ごちそうさま!」と言ったら、よく見るとおしぼり置きでした(笑)。そして、つい先日同じ様な失敗が・・・CDのボリュームを下げたのにどんどんボリュームが上がり、試しに上げてみたら下がりました。得意満面で「ちょっとー!このリモコンとうとう壊れたよ!」と訴えると、呆れ顔の彼が「リモコン逆さまでしょ」って嗜めるように言いました。またしてもやってしまった・・・

失敗を笑い飛ばして、明日からはまた元気になろう。明日は、今回サロン・ド・ショコラの手配をしてくださった方にお会いして、お土産を渡さねば。解ってくれない人も居れば、解ってくれる人も居る(と、思う)。それでチャラ。凹んだら、あとは少し強くなるだけ。

パリの私たちの泊まったホテルの部屋から、オフィスが見えました。それがとっても素敵でお洒落で、小さな部屋だけど個人のデスクはガラスのパーテーションで区切られ、本棚の書類も同色でまとめられて。日本の会社とのこのギャップは何なんだ!思わず写真を撮りたいくらいでしたが、盗撮っぽいので遠慮しました。隣のボスの部屋(?)は、またまた素敵なインテリアで、(余裕な感じで)会議が行われてました。そこにある美しい照明が実に印象的。あ~、あのスタンド欲しい・・・。環境って大事よね。どんな時も、もっと居心地良く過ごせたら。仕事だって楽しく進むと思うし、もっともっと良い国になるのに・・・なんて思ってしまいました。生来美意識の高い日本人なんだもの。何だかモッタイナイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »