« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

C'est fini !

連休明け長野入りし、1泊。昨日、今日と泥のように眠りました。連日のp.c作業&移動で、さっきまで腰にシップ・・・(涙)

長い事時間を費やした本の編集も、これでほぼ完結。肩の荷が下りました。お疲れ会と言う事で、小布施の倶楽部で打ち上げ。たくさんいただき、また沢山飲みました。今回は日本酒。折角「枡一酒造」さんのお店だからね!「日本酒、ダメなのよね~」と言いつつ、周りが心配するほどの急ピッチ。やはり、”水のように”飲んでしまいました(笑)お料理も美味しい!お刺身はピカピカ。幸せっ!その後、お隣のバーでカクテルを1杯。長野に帰ってからまたワインを1本・・・と、よく飲んだ。

私の仕事は自分1人の世界が基本です。しかし、今回は初めての経験が盛り沢山。後半、全く素人ながら深く編集に関わり、また、相棒と一緒に頭を悩ませて夜が明けた日もありました。1人だったら、きっと頑張れなかった。良い経験をさせていただきました。

たまたま先日は中秋の満月で、ひんやり寒い高原の空気にキラキラと光を放っていました。「ほっとしたねぇ!」とお互いねぎらいつつ、2人とも珍しく言葉少なでした・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

お疲れ!

本日問題無くケータリング&お料理教室を終えました。久々レシピの説明をした気分は最高です。自分のルーツ(大袈裟!)を感じる1シーン。お客様にも好評だった様で、一安心。しかし、最近の中高年は元気でオシャレ。人生を楽しんでますね。

今回、沢山のひとに助けていただきました。まずは、ちびたさんご夫婦。昼過ぎからスタンバイ有難うございました。ご主人にはメイキング含め、お得意のカメラに収めていただきました。ちびたさんの(控えめに用意した)パンは、お食事会が始まる以前に売れてしまい(笑)皆さん興味深々でらして・・・もっと焼いてくれば良かったね~これはチャンスロスです!せめてカードだけども、もっと沢山用意したかった。でもきっと、次に繋がるはず。

小菊堂のお嬢さんにもお手伝いいただいて、助かりました!この場を借りて御礼申し上げます。

そして、ダーリン有難う。色々やりたがる奥さんにヒキヅラレ、慣れない経験ばかりの気の毒な彼。でも・・・これからも頼みます(笑)

詳細はお友達ブログ、ちびたさんから報告があるはず。興味のある方はそちらへどうぞ!

終了後、我が家にて打ち上げ。ケビンさん持参のワインで乾杯しました。それからの時間は速かった!いつも思うけど、時間って「伸び縮み」しますね。楽しい時はあっという間に過ぎて行きます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ケータリング前夜

明日は初ケータリングとなる「お月見の会」

何故”初”かと言うと、私が車の運転が苦手!だからです。ケータリングは人数が多い(当然ですが・・・)買出しも、現地へ持って行くのも車が不可欠。なので、そんな話はお断りしてきたのです。今回は2回に分けての買出し(勿論徒歩!)腕が千切れるのではと思う位重かった。そしてこの残暑!!普段体力作りを怠けてるのが、如実に現れる瞬間ですね。買い物だけでクタクタ・・・。料理どころじゃないのが本音。

そんな私が今回お引き受けした理由は、まずご近所で歩いていけるのが1番。そして、もう1つ。実は1年位前に、テーブルコーディネートとお料理教室も出来る、器のお店を出そうと真剣に考えていた事があり・・・(実際調べてみると大手でやっている所があったので、断念したのですが)今回、「小菊堂さん」の和の器にいかに盛り付けるかが楽しそうと思ったから。夢と言う程大袈裟では無くとも、”思えば叶う”それを信じ、感謝して過ごしたいです。

明日は助っ人にちびたさんが来てくれます。心強いと共に、打ち上げが楽しみ(笑)彼女は、お得意の”パン”を持参。お店に素敵にディスプレイしてくれることでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

蒲田ベトナミーズ

友人の美容室「Feriz」へ。不思議なもので髪は突然切りたくなる!切りたいと思うといてもたってもいられず、(前回からまだ1月も経ってないけど)我慢ならぬ!今回はレイヤーを多めに入れて、少し動きのある感じにしてもらいました。随分さっぱりして満足♪

お店を閉めてから、2人でお食事へ。「ねぇ!ベトナム料理食べに行かない?」のお誘いに、思わず喰いついてしまった(笑) 蒲田にある某ベトナム料理店。予約していかないと無理なお店らしいのです。

20079200000 20079200001 20079200002 20079200004

確かに混んでる!次々とお客様が・・・「青いパパイアのサラダ」は皆さんオーダーしてました。人気メニューなのかしら?青いパパイア大好きな私としては、絶対頂かないと!「揚げ春巻き」も「空芯菜炒め」も、どれもボリュームがあって美味しい。たっぷりと添えられたバジルやパクチーを巻いて、現地の味を蒲田で満喫したのでありました。これに生ビール3杯飲んで、お会計は2人で5,000円ちょっと。これって超安くないですか?!ナルホド、人気があるワケよね・・・

その後居酒屋さんが溢れる蒲田の街の、やっとみつけたバー(?)で軽く飲み、(殆ど妄想に近い)恋の話で盛り上がり!楽しい夜でした。彼女とは四半世紀のお付き合いですが、良い感じで歳を重ねますますパワーアップしてる。お互い身体の何処かが悪くなったりはするけど、間違いなく心はタフにしなやかになっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビーナスの体重

先日何気なくつけていたテレビで、日本女性の”低体重”について論じられていました。欧米諸国から見ると、ここ数年の日本女性の体重は低下する一方とのこと。ふ~ん、そうなんだ。ベトナムや、インドネシアを旅行した時は、日本人に比べなんて皆さん細いのかしら!と、ビックリしたものですが・・・。(確かに背も低いのですが、あの肩幅の狭さ、ウエストの細さは”植物”を連想させます)最近は欧州でも”痩せすぎのモデルは使わない”なんて風潮があり、痩せ願望は危険!!とシグナルを送っていますね。

さて、ルネッサンスの巨匠ボッテチェリの「ビーナスの誕生」ですが、最新鋭の技術を駆使(?)したテレビでの発表によると、身長158cm体重は52kだそうです。この数字は意外。何だか親近感が湧くではありませんか!思わず「私のほうが少し背が高く、少し軽い!」と、比較してちょっと安心したりして(笑) あれって、美の理想なワケですよね。だったら痩せる必要も無し・・・ってこと?

痩せ願望は、モデルや女優というビジュアル系が理想となり、女子に拡がっているといいます。ファッションでもありますよね。しかし大抵の男子は、ふっくらしてる方が「女性として魅力的」と万国共通の声が。時代がどんなに変わろうとも、男性の理想はボッテチェリの健康的なビーナス。ある意味とても正しいのかも知れません。

しかし最新の技術を駆使しても、ビーナスの体脂肪やら内臓脂肪やらは判定出来るワケではなく、どうせならそこまで知った上での判断基準が欲しい(笑)そうしないと、どこまでも甘えてしまいそうなこの生活。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ろまんす

20079150001今日、ワイン教室デヴューコース の最終日&懇親会でした。写真の癒し顔のレトリバーは、盲導犬マークスくん。新幹線に乗り、毎回ママと一緒に通っていたお利口さん!このコに会うのが楽しみでもあった4ヶ月でした。長いようであっという間。今日は皆で会費を出して、普段飲めないワインを頂き、シャンパンと赤、貴腐ワインのテイスティングもしっかりと。アドレスの交換をし、次回の飲み会の予定まで決めて・・・盛り上がりましたよ~まるで合コンみたいだ!(注:行ったこと無いけど・笑)マークスくんにまた会えると良いな。

土曜の22時は、毎週楽しみな”美の巨人達” 今夜はロダン作「接吻」の特集。ロダンとカミーユ・クローデルとのロマンスが、あの名作を産んだといいます。「考える人」「地獄の門」と、有名な作品はあまたあるけれど、確かに作風はかなり違い・・・(これがひとりの若い女性の出現の為だったのかと思うと、よけいにぐっとくる)美しいです。筋肉のかたちや細部に、人間本来の肉体美と感情の発露が感じられます。天才ロダンおじさんも、恋をしていたのね。心揺すられる思いでかけたCDは、アンドレア・ボッチェリの「ROMANZA」 これはちょっと古いアルバムですね。前にNHKの”イタリア語講座”を見ていて(注:勉強してたワケではありません。まだチョイ悪じゃなかった頃のジローラモさんが面白くて)、確か番組で紹介されて知った覚えが・・・。ロダンに敬意を表し(?)、時には男性ボーカリストも良いものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Le Clos Montmartre

20079130009 神楽坂へフレンチをいただきに出掛けました。

ちびたさんが予約してくれていた店「Le Clos Montmartre」 何とも可愛らしい店構え。スタッフのこなれたサービスも嬉しい。ショップカードには映画の1シーンのような写真が。オーナーでソムリエである、デュラン・ジャニック氏のポートレート。

20079130001 20079130004

20079130005 こちらが私のいただいたお料理。

お魚と野菜のテリーヌに鯛のポワレ。珍しくデセールもオーダーしました。定番、ムース・オー・ショコラ。あまりお腹が空いてないと思ってたのに、ペロリと平らげ・・・

20079130002_2 20079130003_3 20079130006_2

ちびたさんはコチラ。

帆立のタルタルとトマトファルシ。ブリュレです。お味見させてもらったけど、どれも店構え同様やさしい家庭的なお味です。

メインにいただいた鯛はたっぷりの切り身がふわっと柔らかく、ソースも美味しかった。ガルニーもたっぷり。お疲れ気味の胃に有り難い・・・!お勧めの白ワインを1本空け、ちびたさんは最後にカルヴァドスを。程好くアルコールも効いてきて、ふたりともゴキゲン!「すっかりパリのビストロに居る気分に。「来年はブルターニュ地方に行こうか~」なんて、”鬼が笑う”話で盛り上がりました~!

近所にあったら通いたいような、明るくラフなビストロ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いざ、神楽坂

2007912000820079120012朝からPLAS1リビングさんの取材があり、久し振りに早起き。

撮影終了後、お食事とシャンパンで既にお昼寝モード・・・今回は私自身の仕事では無いからか、すごく気楽に現場を見ていられる。昨日頑張って床にワックスかけたけど、生憎の雨で効果は発揮出来ず。残念!冬号に載るようです。興味のある方はご覧あれ。

はしゃぎ過ぎた子供達は、お客様が帰った途端熟睡。なんというシンプルさ・・・今日はモデルで大活躍したタンタン。なかなかサマになってたよ!

今夜はちびたさんとこれからディナーです。彼女の気になっている神楽坂のお店らしい。HPを見ると何やらパリのビストロ風。良い感じです!報告はまた明日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心もまた・・・

追われてる感たっぷりの日々。疲れからか、人に会う事が多いせいか、些細な言葉に敏感になったりして。温かい励ましに救われたり、ちょっとした攻撃に傷ついてみたり。はたまた、優しい言葉に胸がキュンと・・・心もまた忙しい。

2007990003

そんな最近のよりどころ、暇を見つけては美術館巡りをしてます。上野の「パルマ展」に、Bunnkamuraの「ベネツィア展」 いつかパルマ大聖堂の天井画を観たいものです!今日はパリ行きの作戦会議第2弾を終え、後は10月の出発を待つばかり。いつものアペルトさんで、お食事堪能してきました。気の合う仲間と美味しいもの、そしてワイン。悪くない人生です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »