« 春レシピもう1度 | トップページ | 名古屋 MIDLAND SUQUARE »

赤い鯨と白い蛇

「チケットがあるんだけど、明日映画観に行かない?」と誘われ、神保町「岩波ホール」に出掛けてきました。「赤い鯨?誰が出てるの?」と全く知識が無いままに鑑賞。平均年齢の高い観客。私達、かなりの若手です。3世代5人の女性の織り成すストーリー。それぞれ抱える問題や宿題、偶然の出会いの中で自分の人生に向き合い、また歩き出す・・・そんなお話でした。

”赤い鯨”とは、夕日を浴びた潜水艦のこと。これに象徴される、もう1度戦争を振り返る内容。けれど重すぎず、硬すぎず、柔らかな女性の感性で語られています。監督のせんぼんよしこさんは、なんと70歳にして初監督作品とのこと。驚きでした!勉強不足でお名前しか存じ上げてないけど、ドラマでは有名な方らしい。みずみずしい感覚で、しつこくなくユーモアを交え、飽きさせない作品でした。たった3日間の物語、5人しかキャストが居なくて成立する事自体が素晴らしい。70歳を過ぎて、こんな事出来ちゃうなんて凄いです!もし私が他のお客様さんの年代だったら、また違う感じ方、もっと共感性も強かったのでしょうね。何と言っても樹木希林さんが良かった~スクリーンが締まると言うか、劇場中クスクス、ゲラゲラと笑いが巻き起こり、空気が変わるのね。上手い!その1言。

その後、ふたりで表参道へ。25年の付き合いなのに、考えてみたら本当に一緒に出掛ける事が少なかったな。もっとも月に1度、彼女が経営する美容室に通っているのですが。出会20072280016った頃は、きっとお互いに今の自分なんて想像もつかなかったでしょう。人生色々変化し続けるけど、たまに会っても変わらない関係で居られるのって”奇跡”みたいな話だから、彼女には感謝しています。「BENOIT」でお食事して、夜の街をプラプラと歩いていたら、遅くまで開いてるブティックを発見。鮮やかなグリーンのスプリングコートを試着してお買い上げ。嬉しい(笑)

近くの花屋さんのディスプレイがすごく素敵で、思わず激写です。

|

« 春レシピもう1度 | トップページ | 名古屋 MIDLAND SUQUARE »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

春!ですね。お花のディスプレイ。
私も今日桜を買いました。
一番好きな季節の到来ですが、
今年は雪がなかったせいか、
浮かれ気分も80%くらいです。
冬の辛さは棚に上げて、やっぱり四季は必要ですね。

マリー・・・はまだ見れずに居ます。
家でお酒と一緒に・・・も捨てがたい。

投稿: ひぬ | 2007年3月 5日 (月) 18時21分

ひぬさん

こんにちは!コメント有難うございます。
こちらは今日風がスゴイです。全国的かな?
春の嵐!そんな感じです。

「マリー」まだなんですねぇ。もう終わっちゃうかも!DVDで観られる時は、ぜひぜひシャンパンをオススメします!

投稿: | 2007年3月 5日 (月) 18時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤い鯨と白い蛇:

« 春レシピもう1度 | トップページ | 名古屋 MIDLAND SUQUARE »