« 大岡弘武氏を囲むワインと友の会 | トップページ | とんだクリスマスプレゼント »

1年をふりかえって

今年に限らずですが自分の能力、キャパの足りなさ、成熟には程遠いアイデンテティーにがっかりしたり、凹む日の多い1年でした。怒涛の様な後半ももうじきお終いです。別に忙しいのは偉いわけではなく、かと言って与えられた機会を懸命に過ごすしかなく、それで見える事がもしあるのなら、何かが見つかるのかもしれない。そんな気持ちで過ごしてきました。

3日前洗濯機が壊れ、今日修理の方が治してくださいました。在るのが当然と思っている物が突然ショートする。これって壊れないと解らない。そこに存在するのが当たり前と、いつのまにか錯覚している。昨日は生まれて初めての”コインランドリー”体験をしました。私の不注意とちょっとションボリしてると、山ほどの洗濯物をバスケットに詰めた彼が、何だか楽しそうにしていました。「一緒に行くと、コインランドリーも楽しいよ!」と。優しさと本音が半分ずつ・・・そんな感じでした。こんな些細な出来事にはっとします。普段忘れがちだけど、どんなに家族に支えられていたか。人も時々ショートします。その時、本当に大切な物が何か気づく。風邪でうなされて、健康のありがたみに気づく様に(笑)

一人娘Patoちゃんが、最近やたらおやつを欲しがります。また、ちょっと調子が良くないので病院へ。先生も「???」って感じで結果は解らないのですが、帰り道「これってストレスなんじゃないかな」と思いました。そう言えば、最近留守がちだったなと・・・Patoは寂しかったのかも知れない。もっとお散歩して、遊びたかったのかも。ゴメンネ。

夕食は「大根と鶏肉の煮物」に、「ワカメの酢の物」「赤と、黄色のパプリカのオイスター炒め」それにお味噌汁と、北海道から送られて来た美味しい美味しい”たらこ”です。本当にある物で作る家庭料理。やはり料理は、誰かの顔を思い浮かべながら作るのが楽しい。原点に返ると、緊張や心のしこりが溶ける感じがします。来年はもっともっと自分の世界を大切にしよう、誇りを持とうと再確認した1日でありました。それがきっと、自分を大切にする事に繋がると信じて。

|

« 大岡弘武氏を囲むワインと友の会 | トップページ | とんだクリスマスプレゼント »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1年をふりかえって:

« 大岡弘武氏を囲むワインと友の会 | トップページ | とんだクリスマスプレゼント »